男性の不妊の原因は酒、たばこ?精子の質を下げる要因は?

男性の不妊の原因は酒、たばこ?精子の質を下げる要因は?

 

 

男性は女性と比較すると、お酒やタバコを嗜む人が多いです。実はこれらは生殖機能に悪影響が出ることもあり、過剰にならないように注意しなければなりません。特に妊娠を望んでいるにも関わらずなかなか上手くいかない場合には、できれば避けておきたい習慣です。

 

タバコがどうして良くないのかというと、精子の奇形率を高めてしまうほか、血流を悪化させてしまって勃起率を悪くしたり、また精巣の活動を停滞させて精子の生産能力を低下させてしまうからです。お酒が良くないのは、大量の飲酒が中枢神経を抑制し、勃起能障害や射精機能阻害といったトラブルの原因になってしまうからです。

 

こうなってしまうと当然、自然妊娠は難しくなってしまいます。お酒というのはよく言われるように、自然に飲酒量が増えていってしまうものです。タバコも吸っているうちにどんどんその本数が増えていってしまいます。体は慣れていくもので、それに負担を感じることは減っていくのですが、だからといって生殖器も慣れて問題が起こらないということはありません。

 

体の中に溜め込まれた毒素を分解するには、多くのミネラルやビタミンが必要ですが、これらの多くは精子の形成のためにも必要なものであるために、必要な栄養素が不足してしまって精子の形成が妨げられてしまうこともあります。

 

ですから出来るだけお酒やタバコは妊娠を望むのであれば避けるべきです。精子が作られるまでは3ヶ月近くかかりますから、その間だけでも完全に止めるのが理想的です。

精子の質を高め、男性不妊を解消!

 

元気な精子を増やすサプリ!ポイントは亜鉛でした